アレルギーが起きる原因

さまざまなアレルギーがありますが、代表的なものとして、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどが挙げられます。


アレルギーは、体内の免疫システムが、外部からの刺激に過剰に反応することによって起こります。アレルギーの原因とされる「アレルゲン」と呼ばれる物質は、通常は無害ですが、免疫系の機能不全により、その反応を誘発させます。アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質となるアレルゲンに対して、体内の免疫をつかさどる細胞が過剰反応をし、排除しようと引き起こす症状がアレルギーですが、一体どのようなメカニズムなのでしょうか?


外界からアレルゲンが体内に入ったことを察知すると、免疫がアレルギーに対応する「IgE」という抗体を作り出します。すると、IgEが免疫をつかさどる肥満細胞にくっつき、次のアレルゲンの侵入に備えます。再びアレルゲンが体内に入ってくると、血液中のIgEと結合し、抗原抗体反応(=免疫反応)が起こります。


すると、肥満細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、それらがアレルゲンを身体にとって有害な物質であると判断し、体外へ排出しようとします。ヒスタミンは体内の局所で炎症を引き起こし、目のかゆみや鼻水、息切れ、肌の乾燥といったアレルギー症状が、反応として起こるのです。


運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ
自宅ではじめるアンチエイジング| プラセンタ辞典| 水素水ナビ| お悩み別【市販】薬用育毛剤| お悩み別【市販】ニキビ化粧水| お悩み別【市販】女性用育毛剤| お悩み別【市販】ニキビ跡化粧水|

アレルギーを抑える方法について紹介しています。

Copyright © 2010 アレルギーを抑える方法について All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。